▶ 宿泊予約サイトはコチラ ◀

Tile Mate スマートタグで落し物 忘れ物 紛失が防止!?これ最高!

日常のこと!
日常のこと!



皆さんスマートタグって知ってますか?落し物トラッカーやアイテムトラッカーとも言われている落とし物や忘れ物、紛失物を探せる便利なアイテムなんです。

その中でも有名なTileというブランドのアイテムを紹介してみます。これはイイですよ!ちなみにTile MateというのはTileというブランドの Tile Mateという種類のスマートタグです。

それでは行ってみましょう。

スポンサーリンク

Tile Mateなどスマートタグとは?何ができるの?

まずはスマートタグではどんなことができるのか?ということを簡単に知っておきましょう。物を置き忘れる、なくす、落とすという人には夢のようなアイテムだと思いますよ!今回はTileというブランドでできることをあげて紹介していきます。

落とし物や紛失物が探せます

スマホからTileなどスマートタグを探せる!

Tile Mate(タイルメイト)(日本語字幕)

これが一番使う機能だと思うのですが、スマホからスマートタグを探せます。専用のスマホアプリをスマホにインストールすることにより、Bluetoothなどを使ってスマートタグを探せるんですね。

例えば・・・

財布を落とした時もスマートタグで見つかる!

財布をどこかで落としたとします。財布を落としたらまずやることは、通常、どこで財布を最後にだしたのか、どの辺で落としたのか?というのを思考を巡らせ、考えた後、わからなければ、財布を落としたことを警察に電話し、落とし物でとどいてないか調べてもらうなどでしょうか。考えただけでもゾッとしますよね。

でもスマートタグが落とした財布にくっついていれば、スマホの専用アプリから、財布を探すことができます。どこに落としたのか確信がない不安な気持ちのまま落とし物探しに来た道を引き返す必要がなくなりますね。

財布をなくした時、置き忘れた時もスマートタグで見つかる!

例えば、どこかで財布をなくした場合でもスマートタグで見つかります。ずっと家の中や同じ建物からでてないのに財布がなくなった!紛失したかもと焦ったことはないでしょうか。

そういう時は案外、部屋のなかのどこかに置き忘れていたり、違うバッグに入っていたりとか上着のポケットに入っていたりとかすることが多いと思うのですが、とりあえず慌てずにスマホからスマートタグを探せば見つけることができます。

もう出発しないといけない時間なのに財布がないと出るにでれないですもんね(・∀・)時間が無い時にも素早く発見できるのは超便利です。

今回は財布の場合を例にだしましたがスマートタグさえつけていれば鍵とかでも同様のことができます(^^)

Tileなどスマートタグからもスマホを探せる!

こんどはさっきの逆バージョンですね。スマートタグから、スマホを探す時はこんな時に役立ちます。 とりあえずスマホを落とした場所に近づくことができればTileの場合はダブルクリックしてスマートフォンの音を鳴らす事ができます。

例えば、車の中にスマホを置き忘れた時、車や家の中でスマホを紛失した時なども探すのが超簡単になり便利です。例えばスマホがベッドと壁の間に挟まっていたり、車の座席の下にあったり、ソファの下にあったりすると、中々、探しても発見が困難ですよね。

そういう時にもスマートタグが大活躍すること間違いなしでしょう。僕は良くスマホを車の座席の下に落としていたり、ベッドの隙間に落としていたりする人間です(笑)

スマートタグで迷ってるなら、とりあえずTileがおすすめ!

アメリカから紛失ゼロにする神アイテムがキター!

スマートタグがほしいけど迷っている人には、とりあえずTileがおすすめです。その理由は・・・

Tileはスマートタグで全米No.1のシェア!口コミの評価も十分!

スマートタグを取り付けるのはだいたいすごく大事なものです。なんと行っても信頼性が超大事です。いざとなったら探せなかったじゃ最悪ですよね。

その点Tileというブランドは信頼性が高いです。僕はスマートタグに関しては新しいものやデザイン性などより信頼性が大事だと思いますね。

主要都市ならタクシー約20,000台の動くTileアクセスポイントが使える!

Tileをつけた持ち物を紛失した時、JapanTaxiタブレットを搭載したタクシーがTileの電波を拾い、スマホに場所をお知らせしてくれます。まだまだ主要都市だけのサービスですが、今後期待がもてますね。

Tileなら世界最大級の落とし物コミュニティーが使える!

Bluetoothの接続範囲外の場合は、Tileをつけた探し物の近くを他のTileアプリユーザーが通ると、クラウドを通して探し主のスマホに落とした場所の通知が届きます。こういうのもシェアNo1の会社だからこその安心感だと思います。

ということで詳しくない方は、Tileの中から選ぶのがおすすめです。

Tileの中からスマートタグを用途に応じで選ぼう!

Tileの製品比較表です。下で特徴を紹介してみます。

Tile Mate
(電池交換版)
Mate(2020)
電池交換版
Pro(2020)
電池交換版
Slim(2020)Sticker(2020)
希望小売価格オープン価格オープン価格オープン価格オープン価格オープン価格
カラーホワイトホワイトホワイト&ブラックブラックブラック
電池タイプ交換可能(CR1632)交換可能(CR1632)交換可能(CR2032)交換不可交換不可
電池寿命約1年間約1年間約1年間約3年間約3年間
最大接続距離約45m約60m約120m約60m約45m
商品サイズ(mm)35.0×35.0×6.235.0×35.0×6.241.6×41.6×6.585.5×53.9×2.727.0×7.3
防水性防滴(IP55)防滴(IP55)防滴(IP55)防水(IPX7)防水(IPX7)
音量より大きいより大きい最も大きいより大きい大きい
重さ7.5g6.0g12.0g14.0g5.0g

Tile公式より

Tile MateとMate(2020)スタンダードなスマートタグ!

全米シェアNo1のスマートタグブランドです

Tile MateはMate(2020)の2020年以前に発売されたバージョンということのようですね。最新型のiPhoneと前世代のiPhoneみたいな。Tileの中でも一番スタンダードな商品です。

Tile MateとMate(2020) では最大接続距離や重さなどで進化が見られます。とにかく安いのが良いという人はTile Mateで、最大接続距離が長い方が良いという方は新しい方のTile MateのMate(2020)のほうを選べば良いんじゃないでしょうか。

公式ページではTile Mateは鍵 ・子供のおもちゃ、バックパック、お弁当、ジャケット ・ペットの首輪 ・傘 ・ウォーターボトル、コーヒーマグ などの使用におすすめしています。

自分で電池交換できるタイプなので長く使うことができますね。

Tile Pro(2020) Tile Mateよりハイスペックなモデル !

Tile Mateのハイスペック版です

簡単にいうとTile Mateより、ほんのちょっと重くなって大きくなってますが、Tileのシリーズの中で最大の音量が鳴らせて、最大接続距離が120mと長い(広い!?)タイプがTile Proです。

公式ページではTile Proは アウトドア用品やハンドバックやバックパック、ジムバッグ、スポーツ用品、車などへの使用がおすすめされています。接続距離と音量が大きい分広範囲で探しやすいということでしょう。

デザインとかは似たようなもので単純にTile Mateの性能アップ版なので、価格さえ気にしないならコチラのほうがいいのは言うまでもないですね(・∀・)

こちらも自分で電池交換できるタイプです。

Tile Slim(2020) 薄いカード状のスマートタグ!

カードタイプのスマートタグです

Mate(2020) 版と最大接続距離と音量は同様のスペックですが、Tile Slimのほうが防水性能では上まわり、電池の持ちも約3年と3倍長持ちします。

名刺のような大きさで薄くて目立ちにくいことから公式ページでは財布やジャケットのポケット、ラゲッジタグ、パスポートやノート、社員証などの使用におすすめされています。

じゃあTile Slimでいいじゃない!と思うかもしれませんが、Tile Slimは自分で電池交換できないモデルなんですね。3年間で電池が無くなったら終わりという感じでしょうか。

どうせ3年後には新しいモデルがでてるはずなのでそのときには買い換えるつもりで気にせず使うか、3年以上長く使いたいなら他のモデルにするかですね(^^;)

Tile Sticker(2020) 超小型で貼り付けて使えるスマートタグ!

ボタンのような小さなのスマートタグです

売りはその小ささで、貼り付けて使うのに便利です。スペック的には旧Tile Mateと同じ最大接続距離で防水性能はコチラのほうが高いです。本体が他のモデルに比べても小さいことから音量なども他のモデルよりは小さいです。

公式ページではリモコンやノートPC、タブレットやヘッドフォン、イヤホンケース、カメラ、メガネケース、自転車、スポーツ用品などをおすすめしています。

防水性能が高めで小さくて目立たず貼り付けられることからこういった使用方法がおすすめなのでしょう。

電池は自分で交換負荷で持ちは3年ほど。このモデルの売りはそのサイズの小ささなのでそこに価値を見出すかどうかですね(・∀・)

結局Tile Mateというスマートタグは便利ということ。

いろいろと書いてきましたが、落とし物や紛失物を探したり防いだりと、あっても絶対に損はしないのがスマートタグだと思います。個人的にはやっぱり、スタンダードモデルのハイスペックモデルであるTile Pro(2020)がいいかなぁ~と思いますけど。

皆さんはどのモデル気に入りましたか!?あると便利ですよ~♫

ということで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

タイトルとURLをコピーしました