▶ 宿泊予約サイトはコチラ ◀

天龍寺 観光!嵐山 天龍寺は庭園や竹林など見所だらけ!達磨や龍も!

京都府観光
京都府観光



京都でも屈指の観光地とされる嵯峨嵐山の天龍寺に行ってきました。定番の観光地だと思いますが嵐山にきたらぜひ、訪れることをおすすめする観光名所なので紹介してみます。

京都の遊び・体験スポット>>

じゃらん 遊び・体験予約

スポンサーリンク

天龍寺とは!?

京都市右京区嵯峨天龍寺にある臨済宗 天龍寺派の大本山だそうです。 夢窓国師の作???といわれる亀山と嵐山を借景にした池泉回遊式の庭園(確かに素敵でした)というのが有名なんだそうです。 本当はもっと詳しう説明したいところなんですけど、歴史がありすぎて、そして紹介するのが難しすぎるのでこれだけでごめんなさい(笑)

とにかく見どころがたくさんある京都嵐山の有名な観光地です(^^)/ 参考に動画も張っておきます。

京都 天龍寺 Kyoto Tenryu ji

嵐山 天龍寺の場所 住所 行き方 営業時間 駐車場

まず天龍寺の営業時間!?(開門、閉門というのかな)ですが、開いているのは以下の通り。

営業時間 8時30分~17時30分 です。結構、閉まるのが早いのでお早めにですね。

次に天龍寺の住所なんですけど、観光地では有名な嵯峨で

住所は〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町6 。

行き方なんですけど JR京都駅からは市バスで40分。(僕はこれで行きました) JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅からなら徒歩で13分 だそうです。まぁ有名な観光地なんでそんなに行き方は難しくはないとは思いますが。

ちなみに車で行かれる方は、観光名所の嵐山の中でも人気のスポット天龍寺近辺は駐車場が空いてない可能性が高いので、下のようなサイトで駐車場を探しておいたほうがいいかもしれません。

駐車場予約ならakippa | 予約できるどこでも駐車場サービス
「akippa」は全国の空いている月極や個人の駐車場を一時利用できるサービスです。かりる方はお安く駐車場を予約でき、かす方は空きスペースを有効利用して収入を得ることができます。

Googleマップを参考までに。

嵐山 天龍寺の入園料 入園料金

天龍寺の入園料なんですけど庭園は高校生以上は500円で小・中学生は300円です。未就学児無料とのこと。諸堂(大方丈・書院・多宝殿)は庭園参拝料に300円追加で入園できます。

でも料金なんか気にせず、嵐山に来たのならとりあえず、行った方がいいよと僕は思います。

天龍寺の見どころ お寺の中編

天龍寺の見どころはたくさんありますけど、まずはお寺の内部から見てみましょう。僕は一括りに天龍寺って言っちゃってますけど、天竜寺境内はいろんな建物があって僕は全然理解しきれてないです(笑)

天龍寺のだるまの絵!がある庫裏(くり)(達磨図っていうらしい)

天龍寺の達磨図
天龍寺の達磨図

「達磨図」は、禅宗の開祖である達磨大師を描いたものだそうで、正直僕は下調べなしに天龍寺にいったのでおお、すげぇ~とここですでに感動してしましました。とにかく大きいのとこの 達磨大師の顔のインパクトで多分もう二度と忘れることはないでしょう(笑)これをみただけでちょっと来てよかったと満足してしまった部分もあります(笑)

ちなみに天龍寺観光で言えば玄関ともいえるような場所にあるので、必ず目にすることになるでしょう。天龍寺の象徴的な絵だそうです。ちなみにこの絵の前で靴を脱いで上がっていくんですけど外国人観光客さんは土足で上がろうとして注意されてました。さすがに京都はワールドワイドですねぇ~。

天龍寺の雲龍図

 天龍寺の雲竜図
天龍寺の雲竜図

これまた、巨大な画で雲龍図だそうです。「八方睨みの龍」という龍が描かれていてすごい迫力です。ちなみに画の作者は18世紀の画家で曽我蕭白(そがしょうはく)という方の宝暦13年(1763)、34歳時の作だそうです。実はこの絵は精巧なレプリカらしく、原本は海外の日本美術収集家が持って行ってしまったらしく現在はボストン美術館にあるとのこと。 蕭白の最高傑作として知られているようです。

綺麗な写真を撮りたかったけど、庭園が写りこんですね。まぁこれはこれでありということで。

天龍寺のお寺の中

広くて歴史のありそうな作りの建物です。これはほんの一部ですけど、見どころがたくさんありすぎるのでとりあえず今回はここまでで。

天龍寺の見どころ 庭園や中庭

天龍寺の見どころでも重要なのがその広ーい庭園や中庭です。というわけでどうぞ!

まずは苔むす中庭です。もう一面コケだらけで、これぞ京都のお寺!の雰囲気です。お茶のCMが似合いそうですね( ;∀;)

こういう回廊みたいなところも歩いて建物内を巡ります。足元は畳で気持ちいい・・・。外国人さんとかはこういうのも珍しいでしょうね。いや、日本人でも珍しいんですけどね。

もう緑が見事な日本庭園ですね。小川も流れて癒しの力が凄すぎます。

何やら、奥にも素敵な建物が・・・。天龍寺は見どころが多すぎます(笑)

すごく絵になる道ですね。写真が上手くないというのが悔やまれますが、すごく素敵なところという雰囲気はわかってください(笑)

天龍寺 曹源池庭園と大方丈

天龍寺   曹源池庭園
天龍寺 曹源池庭園

日本初の作庭家ともいわれる夢窓疎石(むろうそせき)がという方が初代住職で庭園を語る上で外せない名園とまで言われる名園中の名園がこの天龍寺 曹源池庭園です。まぁ、なんていうか広くて日本的で美しすぎる庭園です。お寺(大方丈というのがここ)と庭園のこの画がなんか絵画のような・・・。

お寺のなかから覗く、曹源池庭園。ずーっと眺めていたいような光景です。

ものすごく美しい庭園なんですけど、紅葉の時とかも絶対きれいでしょっていうのは容易に想像できますね。まぁ、その時の人出も凄まじいと思いますけど( ;∀;)

うーん・・・。すごいですね。思わずうなります。

美しすぎてここでかなりの時間(ボーっと眺めてたから)を取られましたが、まぁそれは仕方ないですね。これは目に焼き付けておくべきです。あと、建物内から眺めてるのが気持ち良すぎて(笑)

天龍寺のみどころ ???

ここも天龍寺の庭園といえばいいのかなんといえばいいのかわからないですけど、裏山的なところです。 亀山っていうのかな・・・?いや、わかんないですけど。

この辺から上っていきます。苔むす庭園が綺麗です。あと外国人だらけですね。

日本の美しい景色を歩く外国人観光客のお二人。スタイルいいので画になりますね(笑)

紅葉の季節は絶対に美しいだろうと思われる紅葉。実際、紅葉の嵐山はさらに超人気スポットなんですけどね。秋は人が多すぎて僕には無理かなぁ~。

よくわかりませんが、この花の名前かな?難しい名前・・・((+_+))

なんかこういうちょっと濁った水路ですら美しく見える不思議。

うーん京都ですねぇ。

苔がびっしり生えてます。僕は結構苔好きだったりするのでテンションが上がります。多分苔好きな人にはこういうのたまらない光景でしょう(笑)

なんか、こんなのですらいい感じに見えるんです・・・・。京都 嵐山 天龍寺マジックでしょうか・・・。

天龍寺の見どころはまだまだいろいろある・・・

もう帰りに見たんですけど、こういう門だけでもいい感じなんです。中は開放されてませんでしたけど、天龍寺さんはスケールが大きすぎです。

最後にお見送りしてくれた鬼瓦!?結構これ印象に残っている人もいるようで、この写真をツイッターにアップしたら、どことは言わなくても気づいた人がいました(笑)

嵐山 天龍寺は嵐山観光するなら必ず行くべし!

ということでいろいろ書いてきましたが、嵐山 天龍寺はかなり良かったです。ここにのせてるだけでは全然足りないです。それぐらいとにかくよかったんです。何がどうよかったんだよっ!て思うかもしれませんが後は皆さんが訪れた際にその目で確かめてみて下さい。

以上、嵐山 天龍寺を観光した時のお話でしたけど読んでくださりありがとうございました(^^♪

僕がとまったお宿の話>>

サクラ テラス ザ ギャラリーというホテルに宿泊!京都旅行におすすめの朝食が美味しいホテル!
京都旅行に行った際、サクラ テラス ザ ギャラリーというホテルに宿泊しました。このホテルがすごくオシャレで良かったので...
タイトルとURLをコピーしました