▶ 宿泊予約サイトはコチラ ◀

水族館写真を一眼レフで撮影!綺麗に撮れた水族館写真を集めてみた!

カメラと写真!
カメラと写真!



いろいろな水族館で写真を撮影しているうちにこれは見せていいかな?と個人的に思える綺麗な写真もチラホラでてくるようになりました。ということでド素人のカメラ好きが撮った水族館写真のなかから、それなりのものを集めてみました。あくまでド素人なのでカメラ玄人から見るとド下手なので温かい目で見て下さい(・∀・)

スポンサーリンク

水族館写真を一眼レフで!その1.表情が可愛いちんあなご

可愛いチンアナゴ
可愛いチンアナゴ

大分のうみたまごで撮ったチンアナゴです。開放気味で撮影して周囲をぼかしてみました。砂からたくさん顔を出してるのを撮影してこそチンアナゴだろ!と思うかも知れませんけど、まぁこういうのもありだろうということで。

族館写真を一眼レフで!その2.アザラシが笑う!

笑顔のアザラシ
笑顔のアザラシ

アザラシが笑っているように見える瞬間を捉えました。あえて全身を入れずにアップで撮ってみました。なんかアザラシがわらってるようにもみえますよね(^O^)(これアザラシでいいんですよね!?)

族館写真を一眼レフで!その3.ウミガメ餌に一直線!

餌に向かうウミガメ
餌に向かうウミガメ

大分のうみたまごの回遊水槽で、ウミガメの餌付けのワンシーンです。ウミガメが餌に向かって一直線に泳いでいってます。あと、光の具合と海の蒼さが美しいですね。

族館写真を一眼レフで!その3.ボールで遊ぶイルカ

ボールで遊ぶイルカ
ボールで遊ぶイルカ

イルカショーも終わって一頭でボール遊びしてるイルカです。イルカといえば、ジャンプしているところとかが思い浮かぶかも知れませんが、光の差し込む水中で泳ぐ姿も美しいです。

族館写真を一眼レフで!その4.縦構図で水槽の高さを出してみた。

深さのある美しい水槽
深さのある美しい水槽

回遊水槽で下のでっかい魚を主題に撮影しました。水面から差し込む光も入れていい感じに写りました。あと、水槽の深さというか奥行き感というか、そんな美しさも入れたかったので縦構図で撮影してみました。

族館写真を一眼レフで!その5.水面のリフレクションを狙ってみる

サンゴのリフレクション
サンゴのリフレクション

水中から水面のリフレクションが美しく見えたので撮影してみました。主題のお魚の位置を調整してみましたが、結構いい位置で撮れたんじゃないかなと思います。美しいサンゴも水面への反射でより美しく見えますね。

族館写真を一眼レフで!その6. 上と同じ構図で魚をより強調!

迫ってくる魚
迫ってくる魚

上の構図とほとんど同じなんですけど、魚が向かってくるのをまって、より魚に迫力がでるように撮影してみました。上と同じような場所からだいぶ違ったイメージの写真がとれたなか~と思います。

今回の水族館撮影で使ったカメラとレンズを紹介!

今回使用したカメラ機材を紹介してみます。

カメラはキャノンのeos6d2

だいたいほとんどですけど、僕はこのeos6d2を使ってます。スマホはiPhone11proですが、暗い場所での撮影はやっぱり、スマホやコンデジではセンサーサイズの関係でノイズが入りやすく厳しいですね。できればフルサイズ一眼少なくともapscぐらいを使いたいものです(・∀・)

フルサイズ一眼の入門機種ですが、軽いので機動性があります。

レンズはsigma 24-35mm F2

暗いし被写体が動くし狭いしといった条件の悪さからF2という明るいレンズを選びました。あと24-35というのも水族館の中が狭いと考慮すればこれぐらい広角よりがいいのではないでしょうか。

望遠ズームのほうがいいでしょと思うかもしれませんが、暗いのと被写体が動くというのがネックで水族館の中では望遠ズームはなかなか活躍しづらいでしょう。(画質が悪いのを覚悟の上なら望遠ズームでもいいと思いますが)

屋外のイルカショーや海の動物達を撮るときは望遠ズームが大活躍します。

sigma art 24-35mm F2 DG HSM レンズのレビュー記事はこちら▶
シグマの24-35mm F2のアートレンズです。ハイスペックなズームレンズです!

水族館写真を一眼レフで撮影!まとめ

今回素人が素人なりによく撮れたかな~という水族館写真をあげてみましたが、プロから見ればド下手くそ見えることでしょう(笑)ということで初心者の皆さん、素人の皆さんの参考に慣れば幸いです。

以上読んでくださりありがとうございました(^O^)

タイトルとURLをコピーしました