▶ 宿泊予約サイトはコチラ ◀

外付けSSDがおすすめ!SanDisk ポータブルSSD1TBを購入したよ!

カメラと写真!
カメラと写真!



先日、外付けSSDを購入しました。SanDiskのポータブルSSD 1TBです。何でこれを買おうと思ったのかという事と良かったことを挙げてみます。迷っている方はこの記事を読んだら(迷うだけ時間の無駄なので)迷わずこれを買うのが吉です(笑)僕は悩んで結局これにしたので。という事でどうぞ!初心者向けに難し説明はすっとばしてるので、ざっくりとした記事になってます。

スポンサーリンク

そもそもSSDとは? HD(ハードディスク)との違いは!?ssd にすると何が変わるの?

まずはSSDについて超簡単に説明しておきます。 SSDは(ソリッド・ステート・ドライブ)という高速で無音という超快適なストレージです。 HDD は高回転しているディスクにデータを書き込みます。一方、SSDは内蔵しているメモリーチップ に書き込みます。 HDD は回転しいるディスクを読み書き時にヘッドが移動する時間(シークタイムという) が発生するため、起動が遅くなります。

一方SSDだとその時間がなくなるんですね。そういった理由でHDDからじゃなくSSDで起動することによりパソコンにしろPS4で使うにしろ起動速度が爆速になるんです(笑)

一度、SSDから起動する快適さを知ったら HDD から起動して待っていた時間がバカらしくなること必至です。もちろん、 HDDの物理的にディスクが回転する音や振動からも解放されます。

さらにいうと、あのハードディスクの回転するディスクがなくなるので、そもそも物理的に大幅に小さく軽いです。携帯性もけた違いです。さらにさらに物理的に駆動する部分がなにSSDは、耐衝撃性などでも HDD に比べると圧倒的に有利になるんです。

ついでにHDD と比べるとデータ転送速度も爆速になります。もういいことしかねーじゃんって感じですね。でもそうでもないこともあります。

SSD もいいことばかりじゃないという事も一応。 SSD のデメリット。

一応、 SSD のデメリットも挙げておくと、 HDD に比べるとまだ価格が高いということです。同じ1Tを買うとすると当然 HDDの1Tのほうが安いです。ただこれは、 SSDの普及により価格も下がってきているので、その差はだんだん小さくなってきています。

あと、壊れるときの話なんですが HDDは物理的なダメージで劣化していくときなどは、異音が鳴り出したりとかある程度兆候があったりすることが多いですし、そういった原因の壊れ方ならまだデータを取り出す術が結構あります。一方、 SSD の場合は壊れるときは物理的じゃないことが多いので、一撃で復旧できない致命傷を負うことが多いです。

ですがそう簡単に壊れないのもSSDなので一概にデメリットとも言えないんですけどね・・・。どっちにしろバックアップとかはとっておいた方がよさそうですね。

でも、正直そんなデメリットがあると知ったうえでもメリットが圧倒的に上回ると思います。

SSDとHDの使い分け。

多分、SSDを使ってる人の多くがこうしているであろう使い分け方が、SSDを作業用にしてHDDをバックアップ用にするという使い方です。一度保存すればなかなか取り出すことは少ないであろう作業が終わったバックアップデータをHDDに保存して、まだまだ使っている最中のデータはSSDに入れておくという使用方法です。

何でこうするかっていうと、言うまでもないと思いますけど、安価なHDDならデータもたくさん入るし、一度データを移動すればデータを取り出す機会とかもあんまりないなら別にデータの転送速度とかは大して関係ないですよね。それより大容量を保存できていればいいわけで。それなら安くて大容量が手に入れやすいHDDがいいというわけです。

一方、高速でデータを取り出したり編集したりする必要がある場合はデータに高速アクセス・処理できるSSDが有利ということなんですね。まぁ、大して意味がわかってなくても騙されたと思ってHDDをSSDに変えてみたらいいです。とにかく快適になります(笑)

僕が外付けSSDを使いたかった理由。

僕は一眼カメラで大量に写真を撮ります。その時に大量に容量の重いrawデータを保存するスペースやその重いrawデータを編集する(現像する)スペースが必要だったんですね。

そんなの内臓のHDDやSSDに貯めこめばいいじゃない!と思うかもしれませんけど、そんなことしてるとどんどんPCの容量が圧迫されていってしまいます。

それが嫌で外付けHDDで作業している時期があったんですけど、これが遅いんです。外付けだから当たり前なんですけど、これの解決方法としてSSDにしようと思いました。

これ後で調べたら、カメラマンさんの多くがとっくにそういう使い方をしてたみたいですね。

だってどうせ外付けのストレージに入れるのなら転送速度が速いSSDの方が圧倒的に快適ですからね。

さらにいうと動画編集とかも外付けストレージで、できないくはないのでポータブルSSDを作業スペースにして動画編集している人もいます。確かに外付けHDDの速度じゃ、動画編集できなくても高速なSSDなら可能になりますね。

僕がSanDiskポータブルSSD 1TBを選んだ理由!

次に僕がSanDisk ポータブルSSD 1TBを選んだ理由なんですけど、まずはSanDiskという絶対的なブランドとデザインや耐久性などのスペックを考えてでです。正直な話、こちらのアマゾンの外付けSSD売れ筋ランキング ベスト10に入ってるようなモデルなら何も問題ないです(笑)

ただ単純にSanDiskがこの業界の定番中の定番の人気ブランドだからですね(笑)他にも日本メーカーの雄、buffaloやみなさんご存じ、I-O DATAなんかも超有名どころですね。まぁその辺りを選んでれば問題なしということです。一応、僕が購入したSanDisk ポータブルSSD 1TBを紹介してみます。

レスキュープロデラックスssdが使える。

まずは、一年間の利用特典として、データ復旧ソフトのレスキュープロデラックスSSDが使えます。一応心の保険的な意味では結構大きいですね。

SanDisk ポータブルSSDは作りもよくて頑丈。しかもかっこいい。

箱から出してみました。スマホカメラでとったらなんか青みがかった色になってますけど実際はもっとマットブラックな感じで、質感も良いです。オレンジの部分の穴にフックをひっかけて、バッグにくっつけて持ち歩いたりもできます。

SanDisk ポータブルSSD 1TBの裏側は全面ゴムです。耐衝撃性が強いのはいうまでもないでしょう。

USBタイプCで接続します。もちろんケーブルもついてます。

付属のケーブルです。両方USBタイプCのケーブルと右の変換端子がついてます。これを繋げてssdとパソコンのUSB3.0以上の端子を繋げれば即使用できます。使い方は超簡単ですね(^ ^)

外付けSSD、ポータブルSSDを使ってよくなったこと。

これは当たり前なんですけど、外付けHDDでの作業と比べSSDの場合はデータの転送や作業の速度が以前と比べると超快適になりました。余計な待ち時間が減ると生産性は大幅に向上します。やる気もでます(^^♪

もうこれだけで、1~2万出す価値は大ありです。時は金なりです。これケチってて、長い時間待ってるとかまったく無駄な時間だと思います( ;∀;)変えないという手はないですね(笑)

外付けssdがおすすめ!SanDisk ポータブルSSD 1TBを購入してよかった まとめ

ということで皆さんも迷ってる暇があったら、迷わずssdに変えた方がいいです(笑)多分迷ってる時間が無駄だったと思えるはずです。あと一応、知っているとは思いますが、注意点として、USB3.0(USBの差し込み端子が青いやつ)より後の端子じゃないとSSDの速度の恩恵を受けれませんのでそこは注意してください。

以上、読んでくださりありがとうございました(*^-^*)

SSD買うならAmazonや楽天がおすすめです。実店舗で買うのがバカらしくなります((+_+))僕はAmazonで買いました・・・>>

作業が快適になるSSDです!
タイトルとURLをコピーしました