▶ 宿泊予約サイトはコチラ ◀

無限の住人 immortalの感想 レビュー Amazonプライム独占配信 アニメ

日常のこと!
日常のこと!



僕は原作の無限の住人の大ファンなんですけど、無限の住人 immortal (むげんのじゅうにん インモータル) がアマゾンプライムで始まった時はかなり喜びました。もちろん当然のように無限の住人 immortalをアマゾンプライムで見ています。

ということでそんな無限の住人の原作ファンから見たアニメ版 無限の住人 immortalの感想です。

スポンサーリンク

無限の住人 immortalとは? 「Amazonプライム・ビデオ」独占配信!

まず最初に無限の住人 immortalとは、無限の住人の最新のアニメ版(過去にも無限の住人はアニメ化されてますけど、そちらは原作が終わってないうちにアニメ化され評価も低かった)で、「Amazonプライム・ビデオ」で独占配信されてます。僕は偶然、アマゾンプライム会員だったんでこれはラッキーでした(^^)

原作は 沙村広明さんの漫画 無限の住人で 、講談社の「月刊アフタヌーン」 で、1993年6月から2012年まで連載されていました。コミックス全30巻にもなる長編作品で僕が大好きな作品です。

ちなみに現在は、コミックも新装版が発売され、全15巻で購入できます。

「ネオ時代劇」無限の住人!

さらにもう一つ情報を付け加えておくとアフタヌーンでは、無限の住人~幕末ノ章~も始まっています。こちらは原作 滝川廉治、漫画 陶延リュウ、協力 沙村広明 ということで原作も絵も 沙村広明先生ではありませんが、 無限の住人の公式続編として連載されています。

沙村広明 先生ではないですが、絵や世界感などオリジナルの無限の住人をかなりリスペクトして描かれているので(オリジナルの無限の住人に忠実とまでは言わないですけど)続編としても、別の漫画としても十分楽しめます。現時点でまだ一巻だけですけど僕は 無限の住人~幕末ノ章~も読んでいます(笑)

あの無限の住人の公式続編です!

無限の住人のストーリー

舞台は江戸時代、天津影久(あのつ かげひさ)率いる「あらゆる流派の統一」をかかげる 剣客集団・逸刀流(いっとうりゅう)に少女 浅野凜(あさの りん) は実家の剣術道場の両親を殺されてしまいます。

凜は両親の仇討ちを遂げる決意をするのですが、その際、八百比丘尼というおばあさんから、用心棒として悪党を1000人斬ると誓いを立てた 不老不死の肉体を持つ男・万次(まんじ)を紹介されます。浅野凜の用心棒の依頼を受けた万次(まんじ)は凜とともに逸刀流との戦いに身を投じることになっていきます。

これだけ見ると「 剣術道場の娘 浅野凜」&「不老不死の肉体を持つ男 万次」VS「あらゆる流派の統一をかかげる剣客集団・天津影久 率いる逸刀流」という構図に見えますが、実はそれだけではなく途中から 幕府の新番頭である「 吐 鉤群率(はばき かぎむら)率いる無骸流(むがいりゅう) 」、さらに物語終盤では吐 鉤群の私兵集団 「六鬼団」も絡んできて三つ巴?の戦いが展開されていきます。

誰かが絶対的な悪ではなく(中には猟奇的なやつとか絶対的な悪も混ざってますけど)それぞれに戦う理由があるという、とても深いストーリーなんですね。

※ちょっとネタバレになるんですけど、終盤は愛着のあるような登場人物がバタバタと倒れていくのでなんか切ない感じになります・・・(・∀・) けどその戦いと散っていく様がまたいいんですよね・・・。

無限の住人 immortalのPV

アニメ「無限の住人-IMMORTAL-」PV第2弾

無限の住人 immortalの感想・レビュー

無限の住人という作品(原作の漫画)自体に関しては、途中、中だるみはあると感じるものの全30巻分を一貫したストーリーで走り抜ける素晴らしい作品だと思います。ということでようやくここから「Amazonプライム・ビデオ」独占配信 アニメ、無限の住人 immortalの感想です。

無限の住人 immortalの感想:作画がかっこいい!

原作の無限の住人の漫画は沙村広明先生という方が書いてますが、まぁ絵が美しいんですよね。もちろん好みはあると思いますが、美大卒というこもあり、画力があり芸術的というか、独自性というかとにかく美しくてかっこいい絵なんですよね。

で、アニメ版、無限の住人 immortalはというと、さすがに原作のような書き込みと迫力ある描写は難しいですが、アニメとしてはかなり原作の世界観を再現できていると思います。

素晴らしいと思います(^^) 原作の絵が素晴らしいとアニメ化した時に絵が雑だと世界観が壊れるとか批判がすごそうですもんね。頑張ってるな~と感じました。

無限の住人 immortalの感想:イマイチなところ。

逆にイマイチなところはというと、とにかくストーリーが端折られてるということです。正直、原作を読んだファンに向けた作品なんだろうなぁ~と思います。

原作のアフタヌーンに連載してた無限の住人がコミックにして全30巻、20年近くに渡って連載された練り込まれたストーリーなのに対して、無限の住人immortalは1話1時間もない上、24で終了します。これで終わらせようとしたら、まぁそうなるか・・・って感じですかね(・∀・)

多分、原作を読んでない方は、なんか話が急だな?とかなんでこうなってんだ!?ということもあるかと思います。

原作を読んだ方が、映像で楽しむ作品といった感じなんですかねぇ~。僕は原作見てるんでいいんですけど。

※ついでにいうと無限の住人は木村拓哉さん主演で映画にもなりましたけど、あれは二時間に詰め込んでたんで、素晴らしストーリーは跡形もなくただのアクション映画になってました・・・(・∀・) 30巻を2時間は無理がありますね・・・。

無限の住人 immortalの感想:まとめ

色々書きましたけど、無限の住人 immortalの感想は見て損はない見る価値のある作品だと思います。多分アニメみてなんだコレ?なんでこうなったんだ?と思って漫画を買う人もいるでしょう(笑)でもAmazonプライム会員なら、ただで見れるんでぜひ見ることをおすすめしますよ(^^)

このために Amazonプライム会員(月額500円)に入っても損しないレベルです(笑)それについては下の記事でも紹介してますので良かったら読んでみてください。

Amazonプライムとは?アマゾンプライムの特典 無料 有料サービスを紹介
Amazonプライムとは何?という人も以前よりかなり減ったとはいえ、まだまだたくさんいることでしょう。ということでAm...

ということで読んでくださりありがとうございました(^^)

タイトルとURLをコピーしました