▶ 宿泊予約サイトはコチラ ◀

ダンボーは被写体にぴったり!?なので僕のダンボー達を紹介します。

カメラと写真!
カメラと写真!



このブログでやたら登場してくるダンボールのフィギュアなんですけど、ダンボーといいます。漫画 よつばと に少しだけ登場して大人気になったキャラクターなんですけど、知らない人も多いと思うので紹介してみます。

スポンサーリンク

漫画 よつばと から人気爆発したダンボー

ブドウパンを持たせてもかわいいダンボー

このカメラで撮ってます。

フルサイズ一眼の入門機種ですが、軽いので機動性があります。

よつばっとていう漫画は簡単に言うとこんな漫画です。

夏休みの前日、とある町に強烈に元気な女の子「よつば」と、「とーちゃん」の親子が引っ越してきた。遠い海の向こうの島から来たらしい不思議な女の子を、はじめて体験する出来事が毎日たくさん待っている。その日から始まる、よつばに振り回される周りの人達の日常を描いたハートフルコメディ?

ウィキペディアより

そこで、 よつばの友達の小学生、綾瀬恵那と友人の早坂みうらが、夏休みの自由課題として製作したのがダンボールでできた着ぐるみロボット「ダンボー」です。着ぐるみなので中にみうらが入ってます。当然ロボットじゃないんですけど、 本気で戦ったら超強くをミサイルを持ち上は洪水、下は火事になるという設定です。単行本の5巻で少し出てきただけなので大人気になり、たくさんのフィギュア、グッズが発売されています。

「よつばと」を知らなくてもダンボーを知っている人は多いんじゃないでしょうか。 ちなみに僕はよつばとの漫画も大好きなので全巻持ってます。別にアニメオタクでもない、いい大人がみてもほっこりする面白さです。幸せな気分になれるのでぜひ読んでみてください。

ダンボーがチラッと出てくる漫画です。まぁ、面白いんで読んでみてください。

カメラの被写体としても活躍しまくるダンボー

海洋堂さんのリボルテックシリーズのダンボーバージョンです。一般的にダンボーのフィギュアといえば、これを思い浮かべる人も多いかも。高さは80mmで持ち運びやすいサイズです。

ダンボーグッズはものすごくたくさん発売さているんですけど、写真を撮るときに被写体としてダンボーを使っている人も多いんですよね。僕も旅行につれていって被写体になってもらってます。ダンボーはフィギュアだけでもいろいろで上の写真は、ビームス限定で発売されたのダンボーです。リボルテックダンボーっていう海洋堂さんから発売されているダンボーですね。

▲こちらは海洋堂さんの50周年の限定ダンボーです。上の二つはリボルテックダンボー ミニのほうで高さは80mmです。スマホより小さいぐらいです。

▲続いてこちらの写真はノーマルサイズのリボルテック ダンボーです。持ち歩くなら上のミニかノーマルサイズがいいですね。体長が130mmと少し大きいので安定感があり直立させやすいです。大体スマホと同じぐらいかちょっと大きいぐらいのサイズ感でしょうか。

海洋堂さんのリボルテックシリーズのダンボーバージョンです。130mmほどの大きさでそれなりに存在感ありです。

雑に扱われるダンボー達

うちのダンボーさん達です。リボルテック ダンボーのほかにも、空を飛ぶマシーネンダンボーやデフォルメされたねんどろいどことぶきやさんのダンボーのプラモなどいろいろ混ざってます。ということでうちのダンボー達の雑な紹介でした(^^♪ とにかく限定バージョンからグッズまでたくさんあるので、収集癖がある人はダンボー沼にはまるかもしれません。僕もいつの間にかこんな数になってしまいました。

ということで読んでくださりありがとうございました。お部屋のインテリアに、カメラの被写体に哀愁漂う表情のダンボー達を手に入れてみませんか?( ;∀;) 写真集もありますよ!?

写真のモデル、被写体としても魅力いっぱいで大人気のダンボーさんです。
タイトルとURLをコピーしました